沖縄青の洞窟ガイド

沖縄青の洞窟をご紹介します。青の洞窟人気の秘密とは? - 沖縄青の洞窟ガイド

沖縄青の洞窟ガイド

ダイビング好きなら知らない人はいないというくらいに有名なスポットといえば、沖縄青の洞窟ではないでしょうか。
沖縄自体が良質なダイビングスポットとして有名なわけですが、その中でも青の洞窟は爆発的な人気を誇っているのです。

青の洞窟と言われているため、当然に周辺がブルー一色になっているのは想像に難しくないでしょう。
しかしながら、青の洞窟のポイントというものをここでは紹介したいと思います。

青の洞窟の位置は?

青の洞窟という名称は有名なものの、一体どこにあるのかを知らない方が多いと思います。
ぶっちゃけて、観光業の場合には、騙したりする悪質な業者も存在します。
特に沖縄などの観光で成り立っているような土地の場合には、注意が必要になります。

青の洞窟は、沖縄本島の中部に存在しています。
恩納村の真栄田岬という場所に存在していますから、しっかりと確認しておきましょう。

沖縄の繁華街である那覇市からは、車で1時間程度の場所に存在しています。
ですから、こういったものを参考にして、なんだかちょっと違っているなという場合には、騙されている可能性がありますから注意しましょう。

初心者はツアーを利用すべき

resgres
青の洞窟へのアクセスは様々です。
スキューバなどの経験があったり、泳ぎに自信のある方であれば、どんなアクセス方法でも可能なのですが、そうではない初心者の場合には、ツアーを利用するのをオススメします。

慣れていない方がそういったアクセス方法で青の洞窟に行くのは危険すぎます。
沖縄の場合、本土では違いそういった気遣いが出来ない傾向がありますから注意が必要です。

他にもツアー会社が本州などではありえないくらいに、全くのノープランな場合があるので、那覇からの送迎がどうなっているのかなどを事前確認しておく必要があります。
本州では当たり前なサービスでも、沖縄では受けられない場合がありますから、気をつけましょう。
ある意味で外国と同等の感覚でいる方が無難ということです。

送迎付きのプランニングであるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

一年中行くことは出来るが‥

沖縄青の洞窟は、1年中いつでも行くことが可能です。
観光スポットというのは、1年の中で、一番美しいとか、メリットがあるといったようなベストな時期があるものなのです。

青の洞窟にそういったものがあるのかと尋ねれば、それはNOです。
一年中、いつ訪れても、色褪せることがないブルーの景色が広がることになります。
しかしながら、やはり冬場になると水温がとても下がってしまうため、あまりオススメ出来るものではなりません。

青の洞窟のベストタイミングとしては、5月から10月の春先から晩秋にかけてという期間になります。

冬場と、他にも梅雨の時期には注意が必要です。
梅雨の時期では台風などが沖縄では名物なことはご存知でしょう。
こういった場合には、波が非常に荒れているため、少々の雨であれば、風景に変わりはないものの、あまりに荒れてしまっているとせっかくの美しいオーシャンブルーも台無しになってしまうため、感動も色褪せることになりますから注意が必要です。

青の洞窟の楽しみ方

青の洞窟ではダイビングもいいですが、シュノーケリングがベストだと言われています。
水面を本当に散歩するように遊泳することにこそ青の洞窟の本当の魅力を感じることが出来るとされているのです。

特別な技術が必要ありませんし、何よりも気軽に出来るのもオススメ出来るポイントなのです。

Copyright(C)2016 沖縄青の洞窟ガイド All Rights Reserved.